イージーファイバー成分

イージーファイバーの成分難消化性デキストリンって何?

イージーファイバーの成分

 

難消化性デキストリン」って一体何なんでしょうか?

 

詳しく調べてみましたのでシェアしておきますね。

 

イージーファイバー成分

 

 

難消化性デキストリンって?

難消化性デキストリンって言う言葉を分解してみましょう。

 

難消化性・・・消化するのが難しい。消化されにくい性質があるという意味ですね(^-^)

 

デキストリン・・・水溶性の炭水化物(食物繊維)のことです。簡単に言うと水に溶ける食物繊維ですね♪

 

で、これら2つの言葉を組み合わせると「消化されにくい性質の、水に溶ける食物繊維」となります。

 

主にでんぷんから分解されて作られるので安全性も非常に高いですよ。

 

イージーファイバーの成分の特徴は?

 

イージーファイバーの成分である
「消化されにくい性質の、水に溶ける食物繊維」の特徴は何なんでしょうか?

 

イージーファイバー成分の特徴

 

 

イージーファイバーの働き・特徴

 

食物繊維には水に溶けない(不溶性)と水に溶ける(水溶性)がありますが、
イージーファイバーは水に溶ける食物繊維です。

 

水に溶けると腸の中でゲル状のドロドロした液体になります。

 

液体になるので腸内の水分量が増えて便が柔らかくなりますし、腸のぜん動運動も刺激してくれます。また、腸内細菌である善玉菌のエサとなり元気にしてくれるので、便秘解消につながるという特徴がありますね。

 

便秘解消にはこの水溶性と不溶性食物繊維をバランス良く摂る必要があるんですよ(^-^)

 

ちなみに不溶性は水に解けないので腸内で便の材料となり、カサを増やしてくれたり腸を刺激(水溶性より強い)してくれたり必ず必要です。

 

成人の女性だと1日に必要な食物繊維は20gくらいと言われています。
※イージーファイバーには17g以上と記載があります。

 

イージーファイバー1袋で4.2gの水溶性食物繊維が摂れるのは嬉しいですね。

 

是非、便秘解消してくださいね☆

 

でも私にはイージーファイバーがそこまで効きませんでした(;_;)

 

効かない私がどうしたのか?こちらでチェックしてみてくださいね>>>